接骨院と整骨院の違いは何ですか?

名称は違いますが、内容は同じです。

接骨院と整形外科の治療は何が違うの?

整形外科は「レントゲン」「注射」「薬物投与」ができ、接骨院はX線被ばくがない「超音波画像観察装置」で患部の状態を把握し、「電気治療」「手技療法」「運動療法」「テーピング療法」などで自然治癒力を高める治療をします。

接骨院と整体院との違いはなんですか?

接骨院は厚生労働省認可の柔道整復師という国家資格者が開業している院で、整体院は民間資格や無資格者が営業している院です。

柔道整復師と整体師の違いは何ですか?

整体師という資格はなく、カイロプラクティックやリラクゼーションマッサージなどのセラピストを総称して「整体師」と呼んでいます。また、整体院は保険診療が適用されませんが、接骨院は原因のあるケガに対し保険診療ができる医療機関です。

ケガをした後、どうしたらいいですか?

ケガをした直後は患部を冷やし、その後、痛みが和らいだら患部を温めます。また、患部を動かして痛みがある場合は、症状に応じて痛みが出ないように「ギプス固定」「テーピング固定」「包帯固定」を施し、患部の安静を保つことで早期回復に繋がります。

週に何回くらい通院すればいいですか?

症状によりますが、ケガをした直後であれば間を空けず継続的な通院が早期回復に繋がります。また、完治せず放置した過去のケガも諦めず継続的に通院することで痛みを緩和することができます。